僕の感じるVAPEの魅力

どうも!MAROです!

今更ですが僕が感じているVAPEの魅力について書いていこうかなと思います

僕はもともとヘビースモーカーでして、一日にハイライトを1箱以上

場合によっては2箱以上吸っていました。そりゃあもう凄まじくオッサン臭をかもし出していましたw

そんなある日たまたま興味を持ったのが「電子たばこ」でした。当時はVAPEという言葉もなく「電子タバコ」と呼んでいました。

吸うと先っちょのほうが光ったりして見た目もタバコに近いものでした

しかし、すぐに辞めてしまいます。

だって、当時の「電子タバコ」はそんなに美味しくなかったんです…

その後も「ego」など電子タバコは少しずつ進化し、今のVAPEの火付け役といってもいい機種 kamry社「ICE VAPE X6」が登場します。X6からVAPEをはじめたという方も多いんではないでしょうか。

その頃から「電子タバコ」→「VAPE」という名称が広がり始めたような気がします。当時は少し気恥ずかしかった記憶が…

その頃から爆煙なんてのも流行りだし急速に広がっていきます

 

僕は結果から先に言いとVAPEをはじめてタバコは吸わなくなりました。

でもですね、VAPE=タバコの代替品 という風には感じていないです

タバコのようなものという側面はありますが、僕が結果としてタバコをやめることができたのは

VAPE=楽しい趣味 になった、というところが大きいように感じます。

 

話を戻しますが急速に流行りだしたことで、VAPEの世界は大きく広がっていきました。

特に個人的には「リビルド」というコイルを自分で作るようになってからはより深くのめりこんでいきました。

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSで情報収集するようになってからは全国、世界中にVAPEでの繋がりができて楽しくなってきました。

この頃から、先ほど言ったように単なる禁煙グッズではなく楽しむためのツールとしてVAPEに没頭してきました。

気が付けばたくさんの仲間と美味しいVAPEがあった、という感じです

 

VAPEの魅力はたくさんあります。単なる禁煙するための道具以上の広がりがあります。

僕自身はVAPE好きな一般ユーザーから縁があって今ではショップ側にいますが今でもVAPEが楽しいと感じています。

たくさんミストを出すのも、オフにゆったりと味わうのも、トリックで遊ぶのも、試行錯誤してコイルを作るのも、ペンタイプで手軽にVAPEするのも、MODを磨くのも、コレクションするのも、楽しみかたは人それぞれ

自分にあったスタイルを構築できるのが一番のメリットなんじゃないかと思います。

 

たしかに禁煙具としても優秀ですし、入り口としてはそうであるのかもしれませんし禁煙したい方のお手伝いもさせていただきます。

でも伝えたいのはVAPEの楽しさなんです!そんな楽しさを伝えるのがお店の役割なんじゃないかと思っています。

 

皆さんにも自分だけのVAPE LIFEを!